返済の仕方に注意?

複数社から借り入れてしまっては、その分だけ返済する金額が増えてしまうのは当然です。上限があるからと言って、そこまで使うことができる!という考え方では無く、あくまで緊急時にそこまで使うことができる、という考え方であるべきです。当然ですが、借入金額が大きくなると、毎月の返済額も増加します。リボルビング払いの場合、借入金額が増えれば増えるほど、返済に占める利子分が大きくなってしまい、借りている元の金額が減らないという事態も発生します。そういった状態が複数社にわたってしまうと、いつまでも返済ができない、最悪の場合全ての返済が滞ってしまう、ということにもなりかねません。

返済が滞って、いつまでも返済しないでいると、信用情報に傷か付くのはもちろん、最終的には裁判にまで発展して、強制的に給料から引かれるようになってしまう、ということもあり得ます。そういった事態に発展しないために、カードローンの利用には、注意するべきである、といえます。

カードローンは、クレジットカードやキャッシングに伴ったとても便利な手段です。便利な手段であるからこそ、賢く用いることによって、それを『便利なサービス』のままにとどめておくことが大切です。

借金をローンでまとめる?

さて、生活に困ってしまった場合、お金が足りなくて、複数の消費者金融から借り入れをしてしまった、という経験がおありの方もおられるかもしれません。なぜ、そもそも複数の消費者金融から借り入れしてしまうのでしょうか。

融資の契約をしたとき、その人が借りられる上限、というものが決定されます。それはその人の年収や仕事、信用情報などを元に決められるのですが、その上限に達してしまった場合もちろん返済を行わなければそれ以上は借りられないことになります。そこで、ほかの消費者金融からも借り入れを行うことにします。そうなると、返済する消費者金融は2つ、そして、また二つ目の消費者金融でも上限に達してしまいます。

そのような状態になってしまっては、既にキャッシングを便利に利用している場合ではありません。そこで、複数社の借り入れをまとめて返済し、返済するところを一社に絞ることによって、返済の負担を減らすことができます。

いつでも利用できるカードローン

いつでも利用できる、というのはとても便利ですが、それはカードローンに関しても例外ではありません。例えば夜にすぐお金が必要になってしまった。手持ちにも銀行にも今はまとまったお金がない、という場合に、カードローンなどを利用することができるかもしれません。いつでも利用出来る、と言う安心感がありますね。

実際のATMでも融資できますし、オンライン上で特定の口座に振込依頼をすることによって融資分の金額が振り込まれるサービスもあります。スマホ一つあれば利用できるというのはとても便利です。

いつでも利用出来ると言うことは多くのメリットがある反面、使い過ぎに注意しなければならない、という点もあります。いつでも使えると言うことは、自分が銀行に保有しているお金を引き出すようにカードローンを扱ってしまう危険性があるということです。それはあくまで、私達の「借金」になります。自分のお金を引き出しているのでは無く、それを利用するごとに、借金が確実に増えていっているのです。

そういった点に気を付けないと、便利なはずのカードローンが、自分の生活を大変にしてしまうこともあります。ですから、使い過ぎに注意し、借りる前に返済の計画を確実に立てることが必要です。